平均余命からみえてくる老後の長さ 「長生きリスク」

より豊かな暮らしの実現に向けた、「安心で無駄のない保険」をプロデユース!
フィナンシャルプランアドバイザーの石井貴美子です。

今日でお正月休みも終了~!
中学校の同窓会、恒例の年越しカウントダウン、両家へのご挨拶、スノボ、初詣など!
イベント盛りだくさんでとっても充実したお正月休みでした。
さぁ!明日は仕事始めです!!

今日は平均余命からみえてくる老後の長さ 「長生きリスク」。についてのお話し。

日本の「平均寿命」は?

平均寿命とは
厚生労働省が毎年発表している簡易生命表で明らかにされる。 年齢別死亡率をもとに、各年齢の男女があと何年生きられるかを示す平均余命を算定したもの。
したがって、0歳児の平均余命が平均寿命にあたる。
引用:Weblio時事用語より

女性・・・世界2位 87.05歳
男性・・・世界4位 80.79歳
※厚生労働省  2016年7月27日発表データより

日本は男女ともに過去最高を更新。男女ともに首位は香港という結果となりました。

男女別の「平均余命」は?

平均余命とは
ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値のことである。
生命表で計算されている。 生命表には、10万人が生まれたとき、ある年齢に達するまで何人生存し、その年齢の内に何人が死亡するかが計算され、掲載されている。
引用:Wikipediaより

【男性】平成26年 簡易生命表
出典:厚生労働省「平成26年簡易生命表」より

【女性】平成26年 簡易生命表
出典:厚生労働省「平成26年簡易生命表」より

平均余命からみえる老後までの長さ

あくまでも平均データでの話ではありますが、皆さんは平均余命はどれくらいありましたか?

私の場合は・・・

46年!!

まとめ

フィナンシャルプランアドバイザー
石井貴美子
この46年を長いと感じるか、短いと感じるかはそれぞれ違うと思います。
私個人的には「ゆとりある豊かな暮らしを実現したい!」と思いました。
そして豊かな暮らしを実現するためにはやっぱりお金が必要不可欠です。
ただ、自分では老後に備えて蓄えをしてきたつもりでも、長生きすることにより、使い果たしてしまうというリスクが発生し、いわゆる「長生きリスク」となってしまいます。
ですから今から作戦会議をする必要があると思います。
「将来のために今できること」ご相談ください!

フィナンシャルプランアドバイザー
石井貴美子

お気軽にお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*